北九州市 門司区 内科 麻酔科 ペインクリニック 腰痛 椎間板ヘルニア

〒800-0054 福岡県北九州市門司区社ノ木1-7-24

Menu

禁煙外来

禁煙してみませんか?

たばこが体によくない・・・とわかっているのになかなかやめられない。
いつかはやめたいと思っているが、やめられるのか不安・・・
家族や自分のためにやめたい!!!
という方・・・一度禁煙外来に足を運んでみませんか?

禁煙治療の保険診療には患者さんの基準が設けられています。
この基準をクリアできた患者さんは、健康保険を使って禁煙治療を受けることができます。

1.ただちに禁煙しようと考えていること
2.喫煙年数×1日の喫煙本数=200以上であること
3.禁煙治療を受けることを文書により同意していること
4.3ヶ月間に5回の診療プログラムに必ず受診できること
5.ニコチン依存症に係るテストが5点以上であること

>>詳しくは、こちらもご覧下さい。

ニコチン依存度テスト

設問内容 はい:1点 いいえ:0点
問1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
問2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか?
問3. 禁煙や本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか?
問4. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか?
(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
問5. 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?
問6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
問7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
問8. タバコのために自分に精神的問題(※)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
問9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?
問10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

※(注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抗うつなどの症状が出現している状態。

>>詳しくは、こちらもご覧ください。

禁煙治療について

禁煙治療では、肺年齢、肺活量を検査しています。肺機能検査を行うことで、実際の年齢は40歳でも、肺年齢は60歳といった肺の年齢を測定することができます。こういった検査をすることで、普段からかぜが長引くと思っていたことが、実はタバコの影響で症状が出ていたということもわかってきます。
生活習慣病と同じように、普段の生活には不自由がなく特に自覚症状もないけど、実際の肺の働きはかなり落ちてしまっている方が多くいらっしゃいます。肺の状態を実際にご自分の目で見ることが、禁煙治療のきっかけとなることもあります。
当院では、かかりつけの医院を基本をしていますので、普段から喫煙をされているかどうかなども把握できているため、禁煙治療の目的で来院されるだけでなく、その患者さんにあわせた禁煙治療をおすすめすることもあります。
ニコチン自体の依存性については、お薬の処方でかなりの部分を治療できます。しかし、ストレスの対策でタバコを吸っている方は、タバコ以外の対策が大切になります。
せっかく禁煙が成功したのに、その後にストレスで、またタバコを吸ってしまう場合があります。
禁煙治療は大体3カ月の通院なのですが、その間にストレスにどう対処するかというアイデアをお伝えして、なるべく再び喫煙しないように意識して治療を進めています。
禁煙は一度やめること、そして、再び吸わないことが大事ですので、治療期間の先まで見据えたサポートを意識しています。